ダイエットとアルコールの関係


先回のブログ記事

添加物が体に悪いのは知っているけど
の補足です

 

 

添加物がダイエットに関係するとは、想像もしていなかった

 

という内容でした

 

 

 

その話をしていて最後に

 

この女性はピンッ!と来た様子でした

 

 

だから、アルコールを飲むと痩せないんですね!

 

 

 

ご名答、そうなんです

 

アルコールを飲むと、痩せないのです

 

原理は一緒です

 

 

 

なぜかと言いますと・・・

 

アルコールを分解するのも肝臓ですから、肝臓が元気でないと駄目なのです

 

 

もちろん、人によって処理能力は違います

 

お酒が強い人がよいわけではなく、栄養素の無駄な浪費がない人がよいのです

 

 

 

ダイエットで大事なところは

 

肝臓です

 

 

肝臓に負担が掛かるようなことをしていると、痩せにくくなります

 

 

 

添加物、アルコール、脂、糖、塩、辛、薬

 

これらが体に入ると、肝臓がフル回転を始めます

 

 

人間の体にとって自然ではないものを無毒化する為に、解毒分解処理が始まります

 

ですがそのときに、栄養素(ビタミン・ミネラル)を大量に消費してしまうのです

 

 

よってダイエットに使える栄養が足りなくなり、脂肪燃焼が進まなくなるのです

 

 

 

ここは大事な部分ですので

 

覚えておいてくださいね

 

 

 

一日の中でどれだけのアルコールや添加物が口から入っているか、一度考えるのもいいですね

 

意外とそれらは隠れたところに潜んでいるもので、ダイエットのブレーキになっています

 

 

 

ご自分で分からない時には、ワンコインレッスンでも解かり易く教えています

 

どうぞ、ご利用ください

 

 

 

 

今日のブログの内容は、肝臓の大切さについてでした

 

アルコールや添加物の解毒をするところは肝臓ですので、それらに注意しながらダイエットしてみてください

 

 

 

より早く効果的に痩せたい方は、こちらをご覧ください