妊娠期の母体の栄養状態が赤ちゃんにも影響する!?

 

妊娠中の母体が栄養不足だと、産まれてきた赤ちゃんが栄養不足で食べる傾向にあると昔に話題になりました

 

お腹の中で育っていたときに栄養の飢餓状態に陥っていると、産まれた赤ちゃんは足りていなかった栄養を求めるんです

 

足りなかったものを求めて食べ始めますし、入ってくるまで満足しないのですね

 

 

幼少期に食べる量が多いお子さんは産まれる前にその原因があったんだと、可能性のひとつとして覚えていてください

 

 

でも、これからだってリカバリーできますよ!

 

これからバランスよく食べて行けばよいのです

 

 

できれば嫌いなものも積極的に食べてください

 

なぜなら、そこにしか入っていない栄養素だってあるのですから

 

 

それと栄養素というのは摂り過ぎて太ることはないのですが、摂り過ぎると余計なものは対外に排泄されて有効活用されないと言われています

 

ですから、同じものばかるを食べると勿体無い面も出てきます

 

 

ただそれは簡単に判るものでもないので、とりあえずはバランスのよい食事を心掛けてもらえれば十分です

 

 

栄養不足が原因で食べ過ぎ・カロリー過多で太ってしまった40代女性が、もうリバウンドのない体に変身する為のダイエットに挑戦