· 

看護師さんが見た腸内環境の話

 

耳つぼダイエットされた

看護師さんから聞いた話です

 

患者さんで

便が出にくく下剤を飲んでいた方がいて

その方の腸の中を見る機会があったそうです

 

その方の腸内は、薄いピンク色ではなく

見た目でも荒れているのが判るレベルで

荒れて、ひどかったそうです

 

便を出すために

下剤を飲んで出すことを

何十年もやっていた方でした

 

下剤を飲むとスッキリ出た感はあるのですが

それは下剤を飲んで腸が反応しているだけで

だんだんと腸の力は衰えていきます

 

そして

水分と一緒にミネラル成分も出てしまいます

 

ミネラルが身体に足りなくなると

代謝機能が落ちて

脂肪や糖質を代謝(燃焼)できません

 

太りやすくもなります
 

下剤で出すのは、身体にリスクもあるのです

 

それから

栄養を吸収する腸壁が機能していないと

せっかく食べたものが無駄になります

 

口の中でどれだけ噛み砕くか

胃でどれくらい消化するか

ここまでも大事ですが、

 

腸に到達して、そこから

どれだけの栄養素を吸収できるか

がポイントです

 

栄養素(ビタミン・ミネラル・アミノ酸)

を腸から吸収して

血液に乗せて体中に行き渡らせ

とくに足りない部分に優先的に届けて

活用されていくかで

健康の質が決まってきます

 

 

私も学生時代やサラリーマン時代は

毎日排便があったわけでなく

別にそれが苦しくもなく普通だったので

気にも留めませんでした

 

こういうお仕事をさせて頂き

自分の身体で実践して身体が変わりました

 

いろんな方と健康・病気の話をしていると

毎日の快便がいかに大事なことか

痛感させられます

 

毎日普通に便通があるのは幸せなことです

全てのものに感謝です