· 

牛乳で骨粗しょう症に!?

 

「牛乳を飲んでるから、私はカルシウムは摂れているわ」
と思っている方は、ご注意ください。

 

以下、参考にしてくださいね。

 

なぜかと言うと

牛乳を飲み過ぎると、
血液中のカルシウムがどんどん減っていくんです。


飲み過ぎて急激にカルシウムの血中濃度が上がると、
体は血中のカルシウム濃度をなんとか通常値に戻そうと恒常性が働いて、

血中余剰カルシウム腎臓から尿に排泄してしまいます。

これがリバウンド現象になって
血液中のカルシウムを減らしてしまうのです。

そして、足りなくなったカルシウム骨から補うということになってしまい
「骨粗しょう症」が進んでいくという結果を招いてしまうのですね。

小魚や海藻類に含まれるカルシウムは、
血中カルシウム濃度を高めるほど急激に吸収されることないので
ぜひ食事に取り入れながら食べてください。
 
牛乳のカルシウムは小魚や海藻類などより吸収がよいのですが
飲み過ぎると血中カルシウム濃度が急激に上昇してしまい
逆効果になるということですね。

ちなみにですが、牛乳を飲む習慣のない時代の日本には「骨粗しょう症」はなかったそうです。

くれぐれも、牛乳の飲み過ぎには注意してくださいね。