糖質制限ダイエット

 

糖質制限ダイエットが話題になりました。

 

重い糖尿病を患っている方には有効ですが、 健康な方にはあまりお勧め出来ません。

 

なぜかと言いますと、白ご飯・糖質(炭水化物)が身体に必要な五大栄養素のひとつであるからです。

 

ちゃんと糖質の役割というものがあって、糖質は脳のエネルギー源になるのです。

 

糖質(炭水化物)を抜いた場合どうなるかと言うと、まず頭がボッーとしてきます。

脳のエネルギー源は糖質ですので、なくなるとやる気が出なくなるのです。

 

脳も不足を感じますから、不快な感じが続き食欲との戦いが始まります。

疲れやすくもなって、さらに進むと思考が消極的になってきます。

 

良いことはありません。

あるのは体重が減っていることくらいですが、それもそのはずです。

 

糖質が入って来ないので、不足したエネルギーを補うのにタンパク質を糖に変えてエネルギーを補っているのです。

 

糖新生と言います。

 

蛋白質は身体の20%を占めていますから、身体の大切な臓器・筋肉・骨・血液・神経・血管・ホルモンなどは、このタンパク質で出来ています。

ブドウ糖が不足すると、この大切な骨や筋肉活性組織が削がれてしまうのです。

筋肉や骨は重たいですので、それで体重が減ってしまうのです。

 

体重が減っていれば痩せていると勘違いしてしまうのですが、一度落ちた筋肉や骨は簡単には戻りません。

リバウンドしたとすると、それは筋肉や骨が戻ったのではなく、脂肪が付いて体重が増えたのです。

体脂肪率だけが上がって、お腹まわりや下半身に浮き輪が付いた状態になるわけです。

 

リバウンドは食べないダイエットをするとやってきますので、やはりしっかり3食を食べて痩せることが大事です。