子育て中のお母さんへ

新潟市江南区横越 赤ちゃん

 

今日のブログは、子育て真っ最中のお母さんにぜひ読んで欲しいです。

 

腰痛で来院された江南区にお住まいの40代ママさんと子どものことで会話になりました。

私は5才の男の子がいますし、その方は看護学校に通う女の子(Aちゃん)がいます。

 

『もっと、子供と一緒にいてあげたかった・・・』 

 こんな風にそのママさんがおっしゃるので、

どういうことなのか?と思ってお聞きしたら、

 

この方は看護師さんなんですが、深夜勤もあったのでAちゃんが小さい頃には祖父母に預けて仕事に行っていたのだそうです。

 

Aちゃんが保育園の時に七夕の短冊に書いた願い事が、

【○○病院の看護師さんになりたい】

と書いたそうなんです。

 

その○○病院とは、お母さんが実際にお勤めをされている病院の名前なんですが

 

お母さんが

『どうして、○○病院の看護師さんになりたいの?』

と聞いたら

 

Aちゃんは、

『お母さんとずう~とっ一緒にいたいから、○○病院の看護師さんになりたい』

と答えたのだそうです。

 

Aちゃんは、お母さんと一緒にいれなくてとても寂しかったんだそうです。

○○病院の看護師さんになったら、大好きなお母さんと一緒にいれて寂しい思いをしなくて済むのだと。

 

お母さんは、今でもあの時に子供と一緒にいてあげれたらよかった・・・

と悔やんでいて、今回ポロっとお話してくださいました。

 

小さい頃にお母さんと子供が一緒にいる時間というのは大事なこと(かけがえのないもの)で、子供と今一緒にいれることはとても幸せなことなのだとしみじみ感じさせて頂きました。